愛車のコーティング剤「新ポリラック(カーラック)」の通販サイト POLY-LACK Web-Site

スクリーンの中のオートモビル

●ナイトライダー

このサイトのリニューアルを思い立った時に、勢いだけで新コーナーを作ってしまい、この「スクリーンの中のオートモビル」を書こうとして、いきなり蹴躓(けつまず)いてしまって、苦し紛れに思いついたのが前回、第1回目の「チキ・チキ・バン・バン」でしたが、それから次のネタが思いつかずにいました(^ ^;;;(汗)

そしてやっと思い出しました!こんな作品を忘れていたなんて、とんでもない失態です!
そう、カーマニアなら誰もが憧れた(かもしれない)、『ナイトライダー』です!

80年代に大ヒットしたアメリカのTVドラマシリーズで、日本でも80年代後半に大ヒットした作品です。

知らない片のために少し解説をします。
制作は1982年、監督:グレン・ラーソン、主演(?):デビッド・ハッセルホフ、他出演者:エドワード・マルヘア、パトリシア・マクファーソン(このあたりは、左のリンクからAmazonのレビューを見て下さい)、そしてやはり本当の主役は無敵のスーパー・カー“KNIGHT2000(KITT)” です。

この“KNIGHT2000(KITT)”が凄いのなんのって!
ベースは黒の “ポンティアック・ファイアーバード・トランザム(たぶん82年型?)”なのですが、何が凄いって、『人口知能搭載!』なのですよ!
イマドキの車の「コンピュータ制御」とは、わけが違います。
車自身が、「自分で考え」「自分で判断して」「自分で行動して」しかも「言葉までしゃべる」のです!
更には冗談を言ったり、皮肉を言ったり、好き嫌いがあったり(動物が嫌い)・・・・!

そしてそのボディーの強靱な事!
シリーズを改めて見ていないのでTうろ覚えUですが、とんでもない戦闘車両とのバトルや、ミサイル攻撃にも耐えてしまいます!
ガラスコーティングなんて、目ではありません!(さすがにポリラックもかないません(笑))

また、“KNIGHT2000(KITT)”が搭載するメカがとにかくチョーかっこいい!のです。
まず、ボンネット真正面に取り付けられた赤いスキャナー(スキャナーだそうです)。この横に流れる点滅がかっこいい!
そしてデジタルパネル。様々な機能を自在に操るための超未来的なメカニックです。(自分の意志で何でもできるのだから、スイッチ類はいらない期もしますが)
その他、ここでは語り尽くせない様々な機能満載の、正に夢のスーパー・カーです。

この“KNIGHT2000(KITT)”は本場アメリカのユニバーサル・スタジオに現在でも展示されていて、いまだにその人気の高さを誇っています。
また、日本でも熱狂的な『ナイトライダー』マニアの方が大勢居て、中には実際にトランザムをベースに“KNIGHT2000(KITT)”を組み立てている方もいらっしゃる程です。

『ナイトライダー』の“KNIGHT2000(KITT)”は82年型3代目トランザムですが、私が憧れたトランザムは78年に出た2代目“ファイアーバード・トランザム”通称“ブラックバード”と呼ばれた型です。
日本では「省エネ」だとか「排ガス規制」と言うことで、それまでのスポーツカーがなんか小振りになって、迫力が無くなってきた頃に、これでもか!っていうくらい燃費を無視したビッグ・アメリカンな車体に憧れたものです。

その後“トランザム”は、この3代目、4代目と変遷してゆき、“シボレー・カマロ”という名車共々、2002年には生産中止に追い込まれてゆくのでした。(復活してないですよね?)

『ナイトライダー』は、アメ車が好き!という人ならば絶対に見ておくべき作品です!そしてアメ車じゃなくても車好きには堪えられない名作シリーズです!

◆コンテンツ

>ホーム

>Whats New

>ポリラックとは

>ポリラックの特徴

>ポリラックの使用方法

>ポリラック プラスチックケア

>ポリラック スーパーワイピングクロス

>会社概要・問い合わせ

>個人情報保護について

 

◆インターネット通販

 

◆愛車と過ごす日々……

>ポリラックBBS

>カーラジオから流れたメロディー

>スクリーンの中のオートモビル

>風の中の1ページ

 

◆相互リンク集

 


Copyright (C) 2005 HOYU Creative. All Rights Reserved  ポリラック正規販売代理店 (有)逢友クリエイティブ